灰色のセダンの施工事例

こんにちは。
先日、灰色のセダンの修理のご依頼がありました。

故障箇所は、
左ドアパネル・純正エアロサイドステップ
リアクォーターフェンダーパネル
左折の時にガードレールに車体があたってしまったのが原因だそうで、大きく凹んでしまっていました。

ハンマーで叩くことによって板を平らにしていく作業を行います。
この順番を誤ると鉄が弱ってしまう上に、綺麗な平面を作れなくなってしまいます。
ある意味では、ここが鈑金の腕の見せどころです。
このハンマリングの作業でボディを元に戻した後に塗装を行います。

まずは、古い塗装を剥がす必要があります。
この時になるべく熱がボディに伝わらない手法を使い塗装を剥がします。
理由は、平らにしたボディが塗装を剥がす時の熱によってまた、変化してしまうのを防ぐ必要があるからです。

慎重かつ手早く塗装を剥がします。
その後、パテを使いボディを完璧に仕上げます。

その上に、新しい塗装を施して完成となります。
最終塗装は、マスキングをしっかりと行い、鈑金した以外のボディの色と違和感のないように新しい塗装を行います。

多くのディーラー様は、鈑金修理ではなく交換修理をされることが多いため、どうしても割高になる傾向があります。
K'z Werk Stattでは、なるべくお客様のご要望に添えるように致します。
もし、多少高くなってもいいから完璧に直したいとご希望の場合は交換をすることも当然可能ですので、一度ご相談下さい。

Copyright © 2013 K'z Werk Statt. All Rights Reserved.